第8回 とくれせんたぼーび

彼等がそれを見たのは、大陸へと渡ってから割とすぐの事だった。
東方にあると聞いた港町プラボカへの道すがら、ふと見付けた洞窟へと足を踏み入れたその直後、それは光の戦士達の前に現れたのだ。
戦士達は唖然としてその場に立ち尽くした。彼等の顔には一体に当惑の表情が浮かぶ。
それも仕方のない事であろう。突如として眼前にはだかった、そいつのフォルムを見てみるがいい。箒、なのだ。有り体に言って、箒、なのだ。
箒が、人間の用いる掃除用具の一つたる箒が、そう、人間が用いるからこそ初めてその役目を存分に果たす事の出来る箒ともあろう者が、ひとりでに動き回り床を掃いているのだ。とっくに人知を超越したその現象を目の当たりにし、戦士達の緊張はいよいよ高まる。
「もしかしたら、この洞窟に住む魔女が呪術の力でこの箒を動かしてるんじゃ」 一行の先頭を行く戦士が仲間に向けて、しかし箒から目を離す事なく言った。だがその意見を黒魔術士が即座に切り捨てる。「馬鹿言え、そんな筈あるまい。よく見てみろ。一見箒を動かして床掃除をやらせている様に見えん事もないが、全くもって動きに整然さを感じられないではないか」
言われてもみれば、ひとりでに動いている箒はその実本当に自由気ままとばかりに動いているだけで、同じ様な所を何度も何度も繰り返し掃くし、規則的に動くでもないからいつまで経っても床の埃はまとまらない。黒魔術師は付け加えた。「もしこれでこの箒に床掃除を任せてるつもりだって言うんなら、その魔女はとんだ食わせ者だな。魔術師の風上にも置けん」
己だっていっぱしの魔法使いという訳でもなかろうに眼前にある箒の「操縦者」を手酷く批判する黒魔術士。だがしかしそれは、彼の放った精一杯の虚勢であった。
いや、彼ばかりではない。魔女の存在をそれとなくほのめかした戦士も、先程来からやや緊張した様子ではあるがそれでも平静を保っている風のモンクに白魔術士も、内心冷静ではいられなかった。
えも言われぬ気持ちの悪さ、得体の知れない気味悪さ、人外の存在であるという事を踏まえてもなお拭い去れないそれらが今、彼等の精神を著しく乱している。

フシギナ ジュモン サ サッサカサ!
とくれせん
たぼーび
フシギナ ジュモン サ サッサカサ!

突然の来訪者を気にするでもなく、その存在すら疑わざるを得ない口を開いては、「とくれせんたぼーび」「とくれせんたぼーび」と訳も分からぬ単語を発し続ける箒。彼等はむしろこの異様極まりない状況にこそ戦慄しているのだった。
「もしかしたら、こいつ『Bボタンセレクト』って言ってるんじゃ」 必死に状況を整理しようとしていた戦士が、やっとの思いで一つの仮説を立て、言った。だが黒魔術師は――己が意見を押し通せば自分自身を保てるのだと言わんばかりに――それを否定する。「よしんばお前のその考えが正しいんだとしても、じゃあ『Bボタン』って何だよ。俺はこれまでの人生でそんなボタンになんぞ出会った覚えはないぞ」 彼の言い分はもっともであった。戦士自身、「Bボタン」等という怪しげなボタンの存在を知ってそうと発言した訳ではない。
黒魔術師は更に続ける。「むしろだな、逆読みしてるなんてのは陳腐ではあるが一種の暗号だろう。尚且つ『Bボタン』なんていう見も知らぬボタンの存在で二重暗号。それをひたすら誰にともなく呟き続けてるんだ。お世辞にも正常な神経とは言い難いな。宇宙か何処か、さもなければここじゃない別の次元の何者かにでもメッセージを発信してるんじゃないのか!?」
黒魔術師の言葉は、「Bボタン」説を唱えた戦士や、他の仲間にではなく、むしろその箒自体へと投げかけられていた。だが、箒はピクリともする事なく、いやに楽しげなリズムで例の単語を喋り続けている。
幾分肩透かしを食らった様でもある黒魔術師は、しかし同時に箒が自分達に対し危害を加えようとしている訳ではどうやらない事を十分悟った上で、そして忌々しく吐き捨てた。「本当に、正常な神経してないな。さっき言ってたこいつを動かしてる魔女なんてのが本当にいるんだったら、そいつは俺達の理解に及ぶべくもない神か或いは気違いだよ。ああそうだ、ま


あっ、あっ、只今、放送に不適切な表現がありました。お詫びして訂正致します。


第7回 「そして探求の旅は始まった」へ  第9回 「呼び覚ませ正義」へ  戻る  トップページへ


ラシックス